公務員試験がうまくできなかった人はラッキー!


2012年度の公務員試験がすでにはじまり、多くの役所で一次試験が行われました。
受験したあなた、うまく解けましたでしょうか。

「うまくできなかった」とお嘆きのあなた。
おめでとうございます。あなたはラッキーです。

こんなことを言うと非難されるかもしれませんが、
理由を聞いてください。

公務員試験で失敗する人は多いですが、公務員になった
(その公務員を選んだ)ことが失敗だった人も結構いるのです。

ちなみに私もその一人です。

公務員になったけれど、その仕事が合わなかった、つまり動機や
適性とかけ離れたことがわかった場合、転職活動をすることに
なるでしょう。

その際、別の公務員だけでなく民間企業を受けることも考えるでしょう。

ところで、あなたは公務員に対しどのようなイメージを持っているでしょうか?

 ○安定している
 ○仕事が楽で、いつも定時で帰れる
 ○コスト意識がなく、どんどんお金を使う

みたいなイメージを持っていないでしょうか?

民間企業の面接官は、まさにそういうイメージを持っているのです。

私の転職活動経験では、役所と関わりのある会社も公務員に対しては
上記のようなイメージ(偏見)を持っていました。

そのため、公務員になってしまうと、転職が難しくなってしまうのです。
転職したいと思っても選択肢がほとんどないのです。

その点、公務員試験で不合格の人は、公務員になったわけではないので、
上記偏見を持たれずに民間企業の面接を受けることができます。

なので、公務員試験でうまくいかなかったあなたはラッキーなのです。


それでも公務員への動機や適性が十分にあると思い、再チャレンジしたい
のなら、その前に民間企業への就職を目指し、公務員へは数年後に再受験
するか、民間経験者採用試験を検討するのが、最大のリスク回避となります。

役所は民間経験者を求めています(その経験が活かせるかどうかはわかりませんが)。
民間企業は役所経験者を求めていません。

終身雇用の時代はすでに終わっており、会社や役所の命令を(嫌々でも)
聞いていればよいという時代ではありません。

その会社(役所)や仕事に適性があるか、志望どおりのものかどうかは
実際に働いてみないとわかりません。

もう一度言います。

公務員試験がうまくできなかった人はラッキーです。

◆ブログ内の記事を指定のキーワードから手っ取り早く見つけることができます。

カスタム検索

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!

この記事へのコメント
言えます....
   初めて書き込みします。

 今後チョコチョコ寄りますので宜しく。
Posted by goen at 2012年07月31日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック