あなたの暮らしをよくするためにすべきことは、与党の政治家を落選させることです!


公務員やお役所は議員、特に与党の要求に弱い傾向があるように見て取れます。

2017年9月現在の与党は、庶民と正反対の感覚を持った人達が牛耳っています。

有権者向けに主張している「政策」は口から出まかせばかりであることが、実績が証明しています。
(実際に「これはいい」と思った公約で実現したものはあるでしょうか?思い出してください。)

「誰が議員になっても変わらない」という認識を持っている方、本当にそうでしょうか?
その考えが与党の政治家を支え、あなたの暮らしがますます悪くなっているのですよ。

白票を投じることも同じことです。

与党の候補者は大きな支持母体を抱えています。つまりその支持母体を代表する人たちであり、我々庶民を代表する人ではありません。そして「大きな支持母体」はおおむね庶民の利害と対立しています。

今の与党は、国民を主権から外し、基本的人権を縮小(国民の義務の拡大)し、戦争へ突き進むことを党是としているとしか思えません。

我々有権者がすべきことは、そんな与党の議員を落選させることであり、そのためには対立候補の中で一番当選できそうな人に投票することなのです。

無効票を投じる、選挙に行かない、というのは、庶民と対立する与党候補を支持することと全く同じことです。

役所の対応が悪いと思っている人は、与党の議員が残る限りその体質は変わらないと思ってください。

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


行政・役所を国民・市民目線にさせるには


窓口での接遇サービスを向上しようとする役所が増えているようで、新聞記事にも取り上げられていたと記憶しています。

たしかに、窓口での職員の対応が悪かったことで市民の怒りを増大させてしまい、業務妨害とも言える行動にまで発展したりすることは多いのではないかという印象があります。

ただし、もともとはその市民の要求に対し役所が応じられないと回答したことが発端です。

応じられない理由は、法律や条例・規則によって定められていて、一職員が勝手にその要求を認めることは許されていないからです。

その法律や条例は、憲法や他の法律に違反して無効でない限り、法律は国会、条例は都道府県や市町村の議会で出席議員の過半数が賛成すれば基本的に可決成立します。

その他の一般国民・市民の大多数が反対していたとしても、です。

となると、行政・役所は、法律や条例などを理由に国民・市民を突っぱねることができる(というか、突っぱねることしかできない)のですが、その制度の実現のため、議員に対しては誠意ある対応をする必要があります。

ところが、議員(政治家)というのは、ニュース等でいろいろ話題になっているとおり(ここでは具体的なことは省略します。)で、国民・住民の代表としての素質を全く持ち合わせていない人が多いといっても間違いではないでしょう。

つまり、議会や議員というものをどうにかしない限り、行政・役所を国民・市民目線にさせることはできません。

地方議会では議員のなり手がおらず、無投票当選が続いているところが結構あるそうです。議員のなり手がいないというのは、議員になるためのハードルが高すぎるのです。

国民・市民の代表にふさわしい人にとっては議員になるためのハードルが高く、ハードルが低いのは(庶民にとって)代表にふさわしくない人ばかりというのでは困ります。


◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


「公務員」という「人」ではなく、「役所」という「組織」が悪い!


役所や行政手続に関して苦情を言う人は、「公務員」という「人」に対して非難をすることが多いというのを、これまでの対応経験で実感しています。

インターネットで検索しても、批判の対象は「役所」よりも「公務員」の方が多いのではないでしょうか。

表に出て対応しているのが「公務員」なので批判の対象が「公務員」になるのでしょうが、問題なのは「公務員」ではなく「役所」という「組織」であることが多いのです。

こんなニュースが載っていました。

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


タグ:クレーム

役所・公務員への苦情・クレームが、公務員を市民から遠ざける


このブログは「クレーム」「クレーマー」という検索ワードでたどり着く人が結構多いようです。

「クレーム」は、役所や公務員に対してクレームを言いたいという人が、
「クレーマー」は逆に、クレーマーに苦労している公務員が、

それぞれ検索しているのでしょうか。

さて、2012年5月10日付けの「ガジェット通信」にこんな記事が載っていました。

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


公務員時代・窓口業務でのクレーム


新卒で公務員になり、某出先機関に配属されてから半年、ついに受付の担当になることになりました。

通常、申請受付と証明書発行窓口は別なのですが、勤務先は職員が少ないので、実質両方を兼ねることになります。

担当職員は1人で、あとはパートさんなので、専門的なことを聞かれると、すべて私が回答しなければなりません。

電話の取次ぎも受付が担当します。窓口がお客様でいっぱいでも基本的に同じです。上司は電話をほとんど取ってくれません。(さすがに窓口の混雑がひどい時は全員対応になりますが)

窓口業務では、クレームや自分勝手な要求を何度か受けました。強面の人に真正面で怒鳴られ、その場にいた別のお客様からの通報で警察が来たこともあります。

自分勝手な要求は、一般の人(窓口に初めて来た人)からもありましたが、業者の人からも多かったですね。本来は認められないことを他のところで便宜を図ってくれただけなのに、その便宜を当然のサービスとして要求してくるわけです。(自分が間違えたことを役所の負担で訂正すること)

杓子定規だと言われるかもしれませんが、決められたルールに従って行う役所の業務で、ルール自体がおかしいとしても、現場がルールを逸脱することはできません。

民間の手法を取り入れたとしても、そこは変えられないでしょうし、変えるべきではないと思います。

苦情・クレームをする人から謝罪がないと言われます。事務上のミスであればいさぎよく謝罪をした方がよいと思います。しかし、法律等に従って処理したことへの苦情に対し、役所は謝罪すべきではありません。

自分の要求・請求が認められないことを理由に窓口や電話で職員を怒鳴りつける人が、市役所や社会保険事務局など他の役所でも多いようです。しかし、役所に対する自分の心象を悪くし、逆に要求が通りにくくなるでしょう。公務執行妨害の罪になる可能性があります。仮に怒鳴りつけたことで要求が認められたとしても、それは強迫によるものですから取り消すことができるのです。

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!