特権階級・権力者の思惑に騙されてはいけない


このブログは日付を消していますが、2013年5月3日(憲法記念日)に投稿しています。

「憲法を改正すべき」という考えを持った人には以下の記事を読んでいただきたいと思います。

■改憲バスに乗る前に―江川紹子氏(Yahoo!ニュース)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130503-00024690/


安倍首相をはじめとする特権階級は、中国や北朝鮮を利用して、自分達が縛られる現憲法を自分達が国民を縛る「憲法」にしたいだけなのです。

「自主憲法」とか「隣国の脅威」とかいう意見を出して憲法「改正」に賛成しているのは、搾取する側の特権階級か、国に縛られて身動きが取れない人生を希望する人間かのどちらかなのでしょう。

「他の先進国と同じ」という意見があるようですが、日本国憲法の平和主義が「他の先進国」より先進であると考えれば、「他の先進国と同じ」にすることは後退することを意味します。

「戦争ができない国である」ことを問題視している方が「平和ボケ」しているのではないですか。暴力に対して暴力で対抗する、争い好きの人が主流だから閉塞的な社会から抜け出せないのでしょうね。

あと、「行き過ぎた個人主義」という批判が全く理解できません。「みんな〜だから」とかいって自分に合わない好みや価値観を強制する社会が、ストレス社会といわれる生きづらい社会になっている原因であることを体感しており、むしろ今の日本は「個人の尊重」が蔑ろにされていると感じています。

憲法を改正するにしても、自民党案とは真逆の方向、つまり一人一人が自分らしい人生を送ることができる社会に適したものにすべきであり、権力者の都合を押し付けるものは「先進国」の憲法ではありません。

一度緩和させてしまえば、あとは五月雨式に状況が悪化していきます。96条が変わってしまえば、あとは権力者の思い通りに動いてしまうでしょう。国民の入る余地などないのは消費税の引き上げなどこれまでの情勢を見れば明らかです。

アジアでは民主主義を実現することはできないのでしょうか?

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


憲法違反の内閣・国会議員がますます生きづらい社会にしていく


■96条改正、参院選で堂々と掲げて戦う…首相
(読売新聞 - 04月23日 17:50)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2405225


安倍首相をはじめ、自民党や維新の会などの国会議員は憲法違反を続けています。

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


省庁のタクシー代30億円突破か 11年度、震災で大幅増



省庁のタクシー代30億円突破か 11年度、震災で大幅増

 中央省庁と地方の出先機関で働く国家公務員が主に深夜や未明に帰宅するため2011年度に使ったタクシー代が前年度から大幅に増加し、2年ぶりに30億円を突破した可能性の高いことが分かった。政府の国家戦略室が2日までに、各省庁のタクシー代を集計した。

 戦略室は「東日本大震災への対応や、復興のための補正予算の編成に追われ、残業が増えたためではないか」と指摘。行政改革の徹底を訴えている野田政権は、今後、タクシー代の大幅削減を求められそうだ。

 11年度のタクシー代は、11年4月から12月までで21億7488万円。年間31億円を超えた09年度とほぼ同じペース。

2012/05/02 17:27 【共同通信】

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


給与減が逆風? 国家公務員総合職、応募13%減


2012年4月20日付けで以下の記事が掲載されていました。


給与減が逆風?国家公務員総合職、応募13%減

 人事院は20日、キャリアと呼ばれた国家公務員1種採用の廃止後、初の国家公務員試験となる2012年度の申し込み状況を発表した。

 政策立案に当たる総合職の応募者数は2万3881人で、単純比較はできないものの、前年度の1種試験と比べ3686人(13%)減った。

 総合職の試験区分別では、事務系の応募者が前年度比15%減の1万6536人だった。そのうち「政治・国際」(大卒程度)は2993人で、前年度の1種試験の「行政」と比べ56%減となった。

 政府は12年度試験を受けた13年度の新規採用について、09年度比で56%減の3780人とする方針を閣議決定している。また、東日本大震災の復興財源確保のため、国家公務員給与は削減される。こうした「逆風」も、学生の公務員離れにつながったとみられる。

(2012年4月20日20時36分 読売新聞)


読売新聞は国家総合職の応募が減った原因を国家公務員の給与が削減されるからとしていますが、本当に国家総合職を目指している人は、給与の削減を理由に志望を取りやめることはないでしょう。

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


タグ:国家総合職

国家一般職(旧国家2種)はスペシャリスト?


国家公務員、特に国家一般職(国家2種)については「スペシャリスト」と説明されていることがあります(某予備校のサイトには「国家一般職職員はスペシャリストである!」という小見出しがついています。)。

地方公務員や国家総合職(旧国家1種)と比べて担当業務が絞られており、異動により業務内容が次々と変わるケースが少ないというのがその理由でしょう。実際に私が公務員だったころ、異動により勤務地が変わっても仕事内容はほとんど変わりませんでした。

でも、国家一般職は「スペシャリスト」なのでしょうか?

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


タグ:国家一般職