国家公務員15分時短を=民間準拠で09年度にも実現−人事院勧告


http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008073001034
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000207-jij-pol

このニュースをネットで検索すると、批判のコメントがたくさん。
マスコミ等に踊らされる人達が未だに絶えないことを改めて感じます。

マスコミに踊らされる世論については別に述べるとして(いつ?)、
国家公務員の勤務時間が15分短縮されると言うことなのですが、
どういう形で短縮されるのでしょうか?

昼休みが60分に戻る形なのでしょうか?それとも、
昼休みは45分のまま、終業時刻が15分繰り上がるのでしょうか?

現職の方、よかったら教えてください。



ところで、私が公務員を辞める少し前、休息時間の廃止により
昼休みが60分から45分に短縮されました。

労働基準法によると、使用者は、労働時間が8時間を超える
場合においては、少なくとも1時間以上の休憩時間を労働時間の
途中に与えなければならないことになっています。(第34条)

休息時間の廃止により、勤務時間は残業がなくても8時間に
なったのですが、昼休みは45分。

民間企業が法律を遵守していれば、公務員の方が休憩時間が
短いことになるので、これが1時間に戻るだけなら・・・。

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


官僚に対するタクシー接待問題について


私は元公務員ですが、地方出先機関で働くノンキャリアでしたので、霞ヶ関本庁のキャリア官僚に対する感覚・印象は、他の公務員の方よりは世間寄りではないかと自負(?)しています。

そんな私が官僚のタクシー接待に関するニュースを見ましたが、これに対する私の感想は、物品・金銭を受け取った役人はけしからん!という感じでした。
(ちなみに、当ブログで「役人」という言葉を使う場合、基本的に本省で働くキャリア官僚を指すとお考えください。地方出先の窓口に立つ職員などは含みません。)

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


「人事院、国家公務員の給与を6年ぶり引き上げ勧告へ」だそうです。


「人事院、国家公務員の給与を6年ぶり引き上げ勧告へ」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070806i111.htm

> 人事院は6日、2007年度の国家公務員一般職給与について、2001年以来、6年ぶりに引き上げを勧告することを決めた。初任給と10〜20歳代の給与の引き上げを求める。

おそらく、ここ数年で公務員試験受験者が過去最低を更新しすぎている
ことなどが影響しているものと思われます。

続きを読む

◆もっと役立つ情報を知りたければ、こちらをチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。